現在来訪者  名

二刀の基本技(わざ)

二刀の基本打突

【面打ち】

 二刀における正面打ちの基本は、上下太刀と呼ばれる、大刀を上段に小刀を中段に置いた構えから行ないます。

 大刀を右手に持つか左手に持つかによって正二刀と逆二刀がありますが、いずれの場合にも構える足・踏み込む足にはこだわりません。どのような足構えから、どちらの足で踏み込んでも打てるように練習します。

 留意することは、右で打つときには左の腰を出し、左で打つときには右の腰を出すという点です。

  ○正二刀右足前からの正面打ち

   ・右足の踏み込みと同時に左腰を前に出す意識を持って、右手の大刀で打ち込みます。
   ・小刀は左腰に引きつけ、左肘で後方を肘打ちするようなつもりで打ちます。


  ○逆二刀右足前からの正面打ち

   ・小刀を右腰に引きつけ、正二刀とは反対に右腰を前に出す意識で打ち込みます。
   ・右足と右腰が同時の踏み込みは、一般の歩行動作と同じ腰の使い方になりますので覚えやすいと思います。


  ○逆二刀左足前からの正面打ち

   ・左上段と同じく前足となる左足から踏み込みますが、左手で打つときは右腰を出すという意識に変わりはあり
   ません。
   ・右腰が引けて半身になりやすいので注意が必要です。


  ○正二刀左足前(逆二刀右足前)からの踏み替え足

   ・後ろの足を前に踏み出しながら打突します。
   ・踏み出す足にかかわらず、右手で打突する
   ときには左腰を前に出し、左手で打突すると
   きには右腰を前に出す意識で打ち込みます。
   ・打突するのと反対側の肘を強く引きつけて
   その反動を利用するようにすると覚えやすい
   と思います。


【小手打ち】

 小手打ちの場合も、面打ちと同様に足の構えや運び方は自由です。その場の状況や相手との関係において、どのような足使いでも打てるように練習します。

 小手打ちで大切なことは小刀の使い方です。一般に二刀の小手打ちの際には小刀で頭上を防御しながら打つのが常道であると思われがちですが、二天一流の基本は二刀による同時斬りです。小刀で受けながら大刀で打つという理合ではありません。

 小刀は刃を返して自分の正中線に沿って下から斬り上げます。そして小刀の斬り上げと同時に頭上の大刀を同じく正中線に沿って斬り下ろします。斬り上げられた小刀と斬り下ろされた大刀は同じ正中線上をぎりぎりのところで交差しながら上と下に別れます。この結果が大刀が相手の小手を打ち小刀が頭上を防御するというかたちになります。

 小刀の刃を返さないで、単に振りかぶって頭上を防御しようとすると、振りかぶるという意識が二拍子のリズムを生み出して小刀の動きを殺してしまう上、太刀筋が狂って振り下ろす大刀と空中でぶつかってしまうことがあるので注意が必要です。

 小手打ちでもうひとつ大切なことは、自分の体を小手が打てる位置に移動させて打つということです。大刀は正中線に沿って切り下ろされるわけですから、相手が正中線を守って中段の構えを崩さなければ、振り下ろした竹刀は鍔に当たって小手を打つことは出来ません。そこで打つ直前には相手の正中線から自分の体を僅かに外しつつ自分の正中線上に相手の小手が来るように足を使って移動します。そしてこの移動が完了すると同時に打つということが大切です。

 よく中高生等による一刀の試合などで、身体をくの字に曲げて相手の竹刀の下に潜り込むようにして小手を打っている場面を見かけますが、このような自らの体勢を崩した打ち方は望ましいものではありません。片手で打つ二刀の場合は一刀以上に体勢の崩れを嫌われますから、常に足を使って最も打ちやすい位置に移動し、いつでも自分の正中線上で技が出せるように心がけなければなりません。


【胴打ち】

 二刀の胴打ちは、相手の面打ちに対して応じるかたちで技を出すことが多いのですが、小手打ちと同様に相手の面打ちを小刀で受けて大刀で胴を打つという理合ではありません。

 相手の面打ちをかわすのは主に足を使って行います。相手が面を打ってきたら、大刀を持つ手の側に素早く開き足を使って体を移動し、同時に小刀は上段を大刀は中段を横から斜めに斬りつけます。これによって小刀は打ってきた相手の竹刀を斜め横から打ち落とし、大刀が相手の胴を打つというかたちになります。

 この時も体を必要以上に曲げて体勢を崩したりすることなく、まずは足を使って相手の打突をかわしつつ自分の身体の正中線上で技が出せる位置に素早く移動することが大切です。


【突き】

 二刀による突き技というのは、通常では考えにくいかもしれませんが、慣れてしまうと一刀以上に突きやすいものです。

 大刀の剣先を相手の喉と自分の目とを結ぶ直線上に静かに置き、同時に腰を一歩前に進めながら大刀を持った手首を僅かに内側にひねって突きます。

 最初のうちは剣先を置く、そして前に出るという二拍子で練習してみます。慣れるにしたがって二つの動作を重ね合わせて一拍子で行えるように練習します。

 剣先をいったん引いてから突くという意識を持たず、むしろ上段から突き垂れを竹刀の剣先で打つというイメージを持つと上手く行きます。突くという作用は手で行うのではなく腰の前進で行うようにすることが大切です。

 小刀も大刀の動きに合わせて相手の胸を突くような心持ちで前に前に突き出します。この小刀の動作が結果的に中心を守ろうとする相手の竹刀を押さえて封じる働きをします。


二刀の切り返し

【切り返しの効用】

 稽古は切り返しに始まって切り返しに終わると言われるように、「切り返し」は一刀・二刀に関わらず剣道の基礎動作を学ぶ上で非常に重要です。

 武蔵会による「切り返し」の方法は、一刀の修練者と混在して行える上に、二刀における手の内や太刀筋、自在の足捌きや体裁き、更には大小二刀の間合の違いなどを自然に体得出来るように作られています。


【二刀の切り返し】

  ○二刀の切り返しは、次の要領でおこないます。

   ・両刀中段に構え。

   ・小刀中段・大刀上段に振りかぶり一歩前進。


   ・前足で踏み込み大刀で正面打ち。 (小刀は大刀側の胴をかばうように置く)

   ・大刀・小刀を胸前で十字に組んで体当たり。 (大刀内側、小刀外側)

   ・小刀で大刀側の胴をかばいつつ、大刀で左右面。 (前進四本、後退五本、送り足でおこなう)

   ・両中段で間合いをとる。

   ・小刀中段・大刀脇構えで大きく一歩前進。

   ・小刀で面打ち。 (大刀は小刀側の胴をかばう)

   ・小刀を胸前に構えて体当たり。 (大刀は胴をかばったまま)


   ・大刀はそのままで、小刀で左右面。 (前進四本、後退五本、歩み足でおこなう)

   ・両中段で間合いをとる。

   ・小刀中段・大刀上段に振りかぶる。 (小刀側の足を前に出して構える)

   ・後ろ足から踏み込み、大刀で正面打ち。 (小刀は大刀側の胴をかばう)

   ・相手の後方まですり抜ける。

   ・向き直って両中段に構えて残心。


  ○二刀の切り返しの受け方

   ・両中段に構えて相手の面打ちを受ける。

   ・両刀を胸前で十字に組んで体当たりを受ける。 (大刀内側、小刀外側)

   ・相手の左右面を二刀でそれぞれ交互に受ける。

   ・後退・前進は歩み足でおこなう。


二刀における防御法

【防御に対する考え方】

 相手が打ってくる竹刀を単に受け止めるだけならば、ことさら防御法について考える必要はありません。特に両手に1本づつの竹刀を持っている二刀であれば、受けるだけならば一刀よりも遙かに有利です。

 しかし受けるということは、その時点で既に後手にまわっていることになります。ですから受けっぱなしでは常に後手後手となり、いつまで経っても攻撃のための先手を取ることが出来ません。そこで受けた直後には直ちに攻撃が出来る体勢を作って受ける必要があります。これが防御法ということです。

 したがって防御の基本は、いつでも攻撃できる態勢を維持したまま最小限の動作で受けるということになります。


【面打ちに対して】

 大刀を上段に小刀を中段に置いた上下太刀の構えに対して、単純に面を打ってきても効果がないことは分かり切っています。しかしそれでも面を打たれてしまうことがあります。これはどのような理由であれ、上下太刀の構えが崩れたことを意味します。言い換えれば構えを崩さない限り面を打たれることはあり得ない訳です。

 では、どういうときに構えが崩れるのでしょうか。

 一番多いのは小刀側の半面を狙われたときです。ほとんどの場合に小刀側の面を狙われると、それを小刀で受けに行ってしまいます。小刀は軽く短いので扱いやすく、相手の竹刀のスピードがさほどに早くない場合には簡単に受けられますので、多くの場合はこの方法で受けることが可能です。

 しかし一定以上の技量を持つ相手なら、必ず面を攻めつつ他の空いたところを打ってこようとします。ここで相手の面に対する攻めに小刀が反応して受けに行ってしまうと左右の胴と突きが空いてしまいます。当然相手は空いたところを打って来ますので、これを防ぐには上段に置いていた大刀を振り下ろして相手の竹刀を打ち落とすしかありません。

 一度振り下ろした大刀は振り上げるまでに時間がかかってしまいます。この間に面を打たれてしまうわけです。

 上下太刀の構えは、防御という面から見ると、上半分の守りを大刀が受け持ち、下半分の守りを小刀が受け持つ構えです。この大小の持つ役割を勝手に変えないことが大切です。

 小刀の側に対する横面打ちは、大刀を僅かに横に寝かせる「霞の構え」に変化することで受けることが出来ます。相手がもっと真横からの半面を狙って打って来た場合には大刀の剣先を下げた「残月の構え」で受け、更にそのまま受け流して面を打つことも可能です。

 いずれの場合も小刀はしっかりと中段を守って突きと左右の胴打ちに備えます。


【小刀の小手打ちに対して】

 前に出して構える小刀側の小手は比較的狙われやすい部位です。ここを狙われたときに最も簡単に避ける方法は、小刀を腰まで引いて小手を隠してしまう方法です。この時小刀の引きと同時に大刀を振り下ろせば「小手抜き−面」という二刀の基本的な技になります。

 しかし一般に単独で小手のみを打ってくる場合は希で、例えば大刀側の小手を攻めつつ小刀の小手を狙うとか、小刀

 側の小手を攻めて突きに変化するという具合に、多くの場合は連続技の一環として小刀の小手を打ってきます。ここで小刀を引いて避けてしまえばその瞬間に突きと大刀側の胴に隙が生じてしまいます。

 そこで次の方法は、相手が小手を打ってきた瞬間に小刀の剣先を中心に置いたまま僅かに横に開き小刀を横一文字に構えます。これにより小刀の鍔元で相手の小手打ちを受けることが出来ます。受けられた相手の竹刀は直後に必ず引き上げられますから、その瞬間にこちらの大刀で打つことが可能になります。


【大刀の小手打ちに対して】

 上段に置いた大刀側の小手は最も狙われやすい部位です。一刀側からすれば大刀の小手を制している限り、その大刀で打たれる事はないわけですから、二刀を攻め崩す基本でもあるわけです。

 一刀左上段に構えた場合、左小手打ちに対しては左手首を後ろに引くようにして避けるのがセオリーです。

 しかし二刀の場合は一刀よりも6センチほど短い竹刀を使用しているため、左上段の場合よりも若干間合が近くなりがちです。そのため手首を引く方法で避けようとしても打たれてしまうことがあります。

 そこで大刀側の小手を狙われた場合には、大刀の柄頭の方向に竹刀を構えたままスライドさせ、大刀の鍔元で相手の小手打ちを受けます。受けると同時に一歩前に踏み出せば小刀で相手を打突することも可能です。

 大刀側の小手打ちを小刀の攻めによって避けることもできます。小刀の剣先を効かして相手の正中線をしっかりと攻めていれば、相手は小刀の攻めが気になって深く踏み込んでくることが出来ません。このような場合は大刀の小手を僅かに引くだけで相手の竹刀を届かなくさせることが出来ます。

 相手の打突を小刀の攻め一つによって制することが出来るようになれば、二刀の防御は大きく広がります。


【胴打ちに対して】

 左右の胴打ちに対しては、中段に置いた小刀で押さえてしまうのが基本です。押さえると同時に大刀で面を打ちます。小刀を前に出し過ぎたり、相手の攻めに反応して小刀を動かしすぎると胴に隙を作ってしまいますから十分に気をつけましょう。

 上方への攻撃をやむを得ず小刀で受けてしまい、その直後に胴を狙われた場合には上段の大刀を振り下ろして相手の竹刀を打ち落とします。この場合には必ず一歩前に体を進めて、大刀で打ち落とすと同時に小刀で相手の面を打つようにします。これによって一度崩れた構えを立て直すことが出来ます。


【突きに対して】


 突きに対する防御は小刀でおこないます。ただし小刀で相手の突きを上下左右に払おうとするとその裏をかかれてしまいます。小刀で中心部を守ったまま身体全体を前に進めるようにすれば、どのような角度から突いてきてもその剣先を外すことが可能です。

 相手が突きを打ってきてくれれば、二刀にとっては絶好の打突の機会です。小刀で押さえたり払ったりして防御に気を取られるより、相手が突きに来たらすかさず大刀で面を打ってしまうことを心がけましょう。


  • [TOP]    [剣道二刀流の技と理論]   [戻る] < [上へ] > [次へ]


  • ■ 武蔵会の入会案内
     二天一流武蔵会では、「インターネット道場」の会員を募集しています。
     剣道二刀流に興味を持たれた方は、最初はインターネット道場の会員から始められることをお勧めします。
                              武蔵会入会のご案内
    ■ インターネット道場
     二天一流武蔵会のインターネット道場は、会員制の剣道二刀流通信講座です。インターネット上の動画映像とサイト内にある会員同士の情報交換BBSによって剣道二刀流の技と理論を学びます。
                     二天一流武蔵会 「インターネット道場」
     「武蔵の剣」 − 剣道二刀流の技と理論 − 好評発売中!
     剣道専門誌、月刊「剣道日本」のスキージャーナル社より、二天一流武蔵会の剣道二刀流技術書が刊行されています。
     二天一流「武蔵会」の剣道二刀流技術書

     スキージャーナル社刊
     二天一流 第17代 師 範 中 村 天 信 監修
     二天一流「武蔵会」副会長 佐々木 博 嗣 編著

                       定価 1,890円

                                  詳細はこちらから

    ページトップへ

    Copyright (C) 特定非営利活動法人 二天一流武蔵会 All Rights Reserved.
    design by. (C) WebDaisuki.com