現在来訪者  名

二刀の理合と攻め

打突の機会と中心

【中心を取るということ】

 「中心を取る」と言うと、ほとんどの人は「剣先で相手の中心(正中線)を攻め合うことだ」と理解している場合が多いのじゃないと思います。そして互いに中心を取り合うための剣先の争いこそが剣道における「攻め」そのものであるとし、この攻め合いの中に剣道の意義を求める人も少なくないでしょう。


 そのため、竹刀を頭上に振りかぶって剣先を合わせない上段や二刀の構えは、中心を取り合う「攻め」のかたちが具現化・体現化できないため、剣道の本質から外れるものとしてかえりみない傾向が生まれています。

 確かに剣先で相手の中心を攻めることは大切ですが、実はこれのみが「中心を取る」という意味ではありません。

 「中心を取る」ということは「剣先で中心を攻める」という「かたちの上での中心の取り方」の他に、「いつ取るか」という「時間軸上での中心の取り方」があります。これを二天一流では「拍子の間」として、かたちの上での中心取り以上に重要視しています。



【三つの中心と三つの機会】

 では、時間軸上での中心というのはどこにあるのでしょう。これは、以下の三つが考えられます。

 ○1つ目は、相手が「技を出して、その技が決まる直前」です。

 つまり、技が技として「かたちに現れたとき」とその技が「効力を発するとき」の中間点で、ここをひとつの中心として捉えることが出来れば、相手の「技」はその効力を発する前に封じてしまうことが出来ます。ここでこちらが技を出せば、それが「応じ技」ということになります。
 二天一流では、ここを捉えて打つことを「待の先」と言っています。

 ○2つ目は、相手が「構えた状態から、技を出そうとして動き出す直前」です。

 つまり、構えという「静」の状態から、打突という「動」の状態に切り替わる中間点。あるいは「攻撃」という言葉の「攻(せめ)」から「撃(うち)」に変化する瞬間と言い換えても良いかも知れません。ここを中心として捉えることが出来れば、相手の「動き」を封じることが出来、ここでこちらが技を出せば、それが「出鼻技」になります。
 二天一流では、ここを捉えて打つことを「体々の先」と言っています。

 ○3つ目は、相手が「打とうと意識する直前」です。

 人は、何かに対応して行動を起こそうとしたとき、頭の中で「こうしよう」と考える前に無意識的な反応動作が先行します。ハッと息を呑む瞬間です。頭で考える前者を顕在意識、無意識的反応の後者を潜在意識と言う場合もありますが、この無意識(潜在意識)から有意識(顕在意識)に切り替わる瞬間、ここを中心として捉えることが出来れば、相手の「打ち気」を封じることが出来ます。そしてここを打ち込めば、まさに相手の居つきを打つ「先制の技」ということになります。
 二天一流では、ここを捉えて打つことを「懸の先」と言っています。


  武蔵会では、以上三つの時間軸上での中心の取り方を、

     1,剣(技)の中心を取ること
     2,体(動作)の中心を取ること
     3,気(心)の中心を取ること

  というように言い表す場合もあります。


【二刀が一つになるとき】

 二天一流の「二天」には様々な意味合いが込められておりますが、その中のひとつに、二天とは二つの空(そら)、すなわち月が支配する「夜の空」と太陽が支配する「昼の空」であるという陰陽の円明思想が含まれています。そしてこの二つの空が切り替わる瞬間、すなわち陰から陽に変化する「寅の刻」、現代の時刻で言えば明け方の4時半頃ですが、この時刻となる「寅の一点」に宮本武蔵は五輪書を書き始めると、その「五輪書」にわざわざ書き、この寅の一点こそが二天一流の最も重要な要であることを示唆しています。

 二天一流に基づく武蔵会の二刀繰法の極意は「二刀を一刀に遣う」というところにありますが、この二刀を一つにする瞬間こそが、先に書いた三つの場合の「寅の一点」、すなわち「中心を取った」瞬間ということになるわけです。

 武蔵会の「二天一流剣道形」は13本の形から成っていますが、1本目から9本目までは、相手の「剣の中心」を取る技であり、10本目と11本目は「体の中心」を取る技、そして12本目、13本目が「気の中心」を取る技となっています。


小刀の使い方

【小刀の効かせ方】

 二刀の稽古を開始して最初に突き当たる壁は、小刀を上手く使えないということだと思います。いわゆる「小刀が効いていない」という状態です。

 では小刀を効かすということはどういうことでしょうか?。これは大刀による打突時に小刀が相手を制している状態です。制するのは相手の剣(技)ばかではなく、体(動作)をも制し、気(心)をも制していなければなりません。

 よく猫じゃらしのように小刀を振り回して相手の剣を打ち、払い、押さえて、これが小刀を効かすことだと思っている人がいますが、小刀を動かしすぎるとその動きの虚をつかれて、逆に打たれてしまうものです。

 小刀を効かせるには、大きく分けて二とおりあります。

 その一つは相手に小刀を意識させて、相手の心を小刀に引きつけてしまう方法です。相手の心が小刀に載った瞬間に大刀で打ってしまえば、相手は大刀の打ちに反応できなくなるものです。

 もう一つの方法は、大刀の方に相手の意識を向けさせて、小刀を意識させない方法です。ちょうどトンボを捕るときのような要領で、小刀で静かに静かに攻めて行き、ここぞというときに相手の剣先を押さえると同時に大刀で打ちます。

 この二つの小刀の遣い方を常に頭に置いて稽古し、観の目を強くして相手の心の動きを良く読み、自在な小刀の効かせ方を身につけることが大切です。


【小刀による打突】

 実際に小刀での打突を試みてみると、適切な間合で刃筋正しく十分に気剣体の一致した小刀の打突をすることは、予想以上に難しいことが分かります。日本剣道形の小太刀の形に見られるような小刀での打突は相当に修練を積まなければ打ちきることが出来ません。

 長きにても勝ち、短きにても勝つという二天一流の理念に基づけば、日頃から小刀での打突を十分に修練しておくことが大切です。

 しかし、剣道の試合競技において、小刀での打突にばかり腐心することは得策ではありません。試合においては軽く振り回しやすい小刀での打突は、ついつい手数が多くなってしまいがちですが、試合における有効打突は「小刀で制して大刀で打つ」ことを心がける方が良いでしょう。


【小刀を使わない】

 小刀を効かせて自在に使いこなし、小刀での打突も相手の出方に応じて正しく十分に打ちきることが出来るようになり、それを右左どちらの手でも行なえるようになると、二天一流の目指す片手剣法の完成域に近づきます。

 大刀・小刀、右手・左手を全く意識することなく、戦いの中で自由に左右両刀を使いこなせるようになれば、もはや小刀で押さえて大刀で打つとか、右で受けて左で打つというような、左右両刀の動きををその役割分担によって規制するような心は無くなり、その場その時の状況に応じて最も打ち易い位置にある剣で、ただ一太刀に打ちきるという無我の剣、空の剣に行き着きます。

 二刀を構えていても心は一つ、左右長短の剣の違いに心をとらわれることなく、ただただ右手に持つ大刀で一太刀に打ちきる、いわゆる「左手さして心なし」という境地を、二刀の修練の先に見出してください。


  • [TOP]    [剣道二刀流の技と理論]   [戻る] < [上へ] > [次へ]


  • ■ 武蔵会の入会案内
     二天一流武蔵会では、「インターネット道場」の会員を募集しています。
     剣道二刀流に興味を持たれた方は、最初はインターネット道場の会員から始められることをお勧めします。
                              武蔵会入会のご案内
    ■ インターネット道場
     二天一流武蔵会のインターネット道場は、会員制の剣道二刀流通信講座です。インターネット上の動画映像とサイト内にある会員同士の情報交換BBSによって剣道二刀流の技と理論を学びます。
                     二天一流武蔵会 「インターネット道場」
     「武蔵の剣」 − 剣道二刀流の技と理論 − 好評発売中!
     剣道専門誌、月刊「剣道日本」のスキージャーナル社より、二天一流武蔵会の剣道二刀流技術書が刊行されています。
     二天一流「武蔵会」の剣道二刀流技術書

     スキージャーナル社刊
     二天一流 第17代 師 範 中 村 天 信 監修
     二天一流「武蔵会」副会長 佐々木 博 嗣 編著

                       定価 1,890円

                                  詳細はこちらから

    ページトップへ

    Copyright (C) 特定非営利活動法人 二天一流武蔵会 All Rights Reserved.
    design by. (C) WebDaisuki.com