現在来訪者  名

対二刀の技術

二刀との稽古を考える

【二刀の面を打つ】


 上段や二刀に対して「面を打つ」ということを考えてみましょう。竹刀を頭上に振りかぶって構える上段や二刀に対しては、そのままでは面を打つことは出来ません。面を打つためには、その前に相手の構えを崩して、頭上にある竹刀を下ろさせなければならないのです。

 では、どうやって頭上の竹刀を下ろさせたらよいのか。これを考えるところから「攻め」の稽古が始まります。

 普段、一刀中段の相手としか稽古の機会のない人は、この「攻め」の概念を掴むことが苦手なようです。一刀中段の構えは、頭上に竹刀がないために、一見攻め崩しがなくても打てそうな気がしてしまいます。そして現に相手が自分より格下で未熟であったり、格上でも自分の方が体力的なスピードで勝っていたりした場合、攻め崩さずにそのまま打って行っても、偶然に相手の面に竹刀が当たってしまうことがあるものです。そしてこれを打った本人も打突が成功したと思ってしまいがちです。

 しかしいつもこういう稽古ばかりをしていると、いつまで経っても「攻め」を知ることが出来ません。そこで、上段や二刀との稽古は、この「攻め」を研究するための絶好の機会だと捉え、その面を打つ工夫をしてみましょう。

 上段や二刀を邪道扱いし、そういう相手との稽古を嫌う人が高段者の中にも時折いますが、とても残念なことだと思います。上段や二刀を上手に攻め崩して面を打つ人は、一刀を相手にしても素晴らしい攻めを見せてくれるものです。二刀を遣わない一刀の人も、機会があれば、ぜひ二刀の人との稽古を通して「攻め」の幅を広げていただきたいと思います。


【二刀を意識しない】

 二刀を攻め崩す上で、第一に大切なことは「二刀を意識しない」ということだと思います。

 二本の竹刀を意識すると、どうしてもその意識が大刀か小刀のどちらかに偏ってしまいます。大刀に意識を向けすぎると、小刀の攻めに対応しきれずに、剣先を押さえられてしまいます。逆に小刀に意識を向けすぎると、大刀の打ち出しが見えなくなってしまいます。

 二刀者は、一刀者の心が大小の竹刀の間で行ったり来たり、その迷うところを打つのを定石としています。ですから、大刀が・・・、小刀が・・・と、二本の竹刀を意識すればするほど、二刀の術中にはまってしまいます。

 対一刀の場合でも、相手の剣先の動きに心を奪われてしまうといけないものですが、相手が二刀の場合も同じです。たとえ竹刀を二本持っていても、打ち出す動作とその心はひとつなのです。彼我の間合いと、相手の身体全体の動き、そして心の動きに注意して、打ち出しの機会を捉えられれば、二刀も一刀も、全く同じように対処できるはずです。


二刀の攻略法はこれだ!

【三カ所を同時に攻める】


 二刀対策の基本は三カ所攻めです。例えば「面を攻めて小手を打つ」というような二カ所攻めは、対一刀でもよく行なわれることだと思います。しかし二刀の場合は竹刀を二本持っているわけですから、二カ所攻めでは、物理的に簡単に受けられてしまいます。

 そこで、突きを攻めてそれに小刀が反応しようとしたときに、大刀側の小手を打つと見せかけて、その対応に動いた大刀の裏をかいて面を打つ。というように、二カ所を攻めて大小の竹刀に防御反応をさせておいて、更に空いた次の三カ所目の隙を打つ...ということが対二刀では必要になってきます。

 しかし言葉で書くと簡単なようですが、ほとんどの人は三カ所を同時に攻めようとすると、逆に自らの体勢を崩してしまいます。足捌きの悪い人、上体の堅い人、腕や肩に力が入りすぎる人、手首が堅く手の内が決まらない人・・・こういう人は、三カ所攻めの途中で、大きく自分の体勢を崩してしまい、逆に二刀に対して打ってくださいといわんばかりの状態になってしまいます。

 一刀二刀に限らず。上体を全く崩さずに、滑るような足捌きで間合いを詰め、柔らかい手の内で竹刀を上下左右に素早く返すことが出来るような、粘りのある剣道を目指しましょう。


【一歩も引かない心】

 上段や二刀相手に一歩でも引いてしまったら、もうそれで負けです。打たれることを恐れてはいけません。打たれたら、一歩前に出て元打ちにさせてしまうぐらいの気迫で、攻めることが大切です。

 たとえば、上段や二刀の挙げ小手を打つ場合、そこにある小手を打つつもりで行くと、腰が引けた打ちになって、相手に抜かれてしまいます。小手を打つつもりではなく、その奥にある相手の横面を打つつもりで、思い切って飛び込んでゆくと、相手が抜こうとして小手を引いても、その引いたところを打つことが出来ます。
 上段や二刀の構えに対して、心がくじけ、気押されてしまうと、普段の半分も足が出なくなってしまい、いくら打っても届かないという状態になってしまがちです。構えに圧倒されず、常に「おそれず、ひるまず」堂々と立ち向かって行く強い心が大切です。


【二刀の間合いを知る】

 一刀中段の間合、上段の間合、二刀の間合について考えてみましょう。

 諸手左上段は、左足前で左片手で打つのですから、一刀中段よりもやや遠い間合で打てます。そのため上段と対したときには、上段の得意とする遠い間合で勝負をせずに、懐に入り込んで中段の間合で勝負することが求められます。

 では二刀の場合はどうでしょうか?。二刀の場合は上段と同じように片手で打ちますが、その竹刀は上段の場合より六センチ短いのです。つまり後ろ足から踏み込む「踏み替え足」で打ち込まない限りは、二刀の間合は上段より近いことになります。

 ところが殆どの一刀者は、対上段と同じように考えて自ら間合いを詰め、六センチ短い竹刀でも届く二刀の間合いに入り込んでしまいます。しかも間合が近くなればなるほど二刀は小刀で押さえたり払ったりという動作がしやすくなります。

 実は、二刀者が小刀を使えない間合で勝負すれば、通常より六センチ短い竹刀を構えたただの片手上段と同じになってしまいます。二刀と対するときは、このことを念頭に置いて、間合に十分の工夫をすることが大切だと思います。


【二刀の動きの法則を知る】

 二刀攻略法の最後の要は、二本の竹刀の動きの法則を知り、それを見極めることです。


 一刀者から見ると、いかにも複雑な動きをしているように見える二刀ですが、実は二刀の基本的な動きは、原則として二とおりしかありません。大小が同方向に同時に動くか、逆方向に同時に動くかです。

 同方向に動いたときは、動いた方向と反対側に隙ができます。逆方向に動いたときには、大小を結んだ対角線の反対側の対角に隙ができます。この二つを考えあわせると、動いた竹刀の側の、動いた方向と逆方向に、必ず隙ができるということになります。

 つまり、右の竹刀が下に動けば右側の上(右面)に必ず隙ができ、左側の竹刀が上に動けば、同じく左側の下(左胴)に必ず隙ができるということです。

 このことを頭の中にたたき込んで、瞬時に対応できるようになると、二刀は全く怖くなくなります。


【挑戦者歓迎 (二刀と稽古してみたい方)】

 自分自身では二刀はやらないけれど、「武蔵会」の二刀に挑戦してみたい。あるいは、二刀との稽古を体験してみたい。このように思われた方は、どうぞ遠慮なく「錬成稽古会」にご参加の上、二刀との稽古を納得行くまで体験してみてください。

 錬成会の日時・場所等は、「インターネット道場」の[稽古会案内]でお知らせしていますので、参加ご希望の方は掲示板で参加表明してください。


  • [TOP]    [剣道二刀流の技と理論]   [戻る] < [上へ] > [次へ]


  • ■ 武蔵会の入会案内
     二天一流武蔵会では、「インターネット道場」の会員を募集しています。
     剣道二刀流に興味を持たれた方は、最初はインターネット道場の会員から始められることをお勧めします。
                              武蔵会入会のご案内
    ■ インターネット道場
     二天一流武蔵会のインターネット道場は、会員制の剣道二刀流通信講座です。インターネット上の動画映像とサイト内にある会員同士の情報交換BBSによって剣道二刀流の技と理論を学びます。
                     二天一流武蔵会 「インターネット道場」
     「武蔵の剣」 − 剣道二刀流の技と理論 − 好評発売中!
     剣道専門誌、月刊「剣道日本」のスキージャーナル社より、二天一流武蔵会の剣道二刀流技術書が刊行されています。
     二天一流「武蔵会」の剣道二刀流技術書

     スキージャーナル社刊
     二天一流 第17代 師 範 中 村 天 信 監修
     二天一流「武蔵会」副会長 佐々木 博 嗣 編著

                       定価 1,890円

                                  詳細はこちらから

    ページトップへ

    Copyright (C) 特定非営利活動法人 二天一流武蔵会 All Rights Reserved.
    design by. (C) WebDaisuki.com